電車で地を楽しむ!

お酒も楽しみたい

20代の女性の例です。

免許も車も持ってはいるものの、旅行は絶対に電車派です。
一緒行く旅行の相手がだれであっても、電車を選びます。
旅行は思う存分、お酒を楽しみたいからです。
ホテルではもちろん飲みますが、移動中も酔わない程度に楽しみたい派です。
自分が運転していては、もちろん飲めないし、誰かが運転している隣でお酒を飲むのも申し訳ない気分になるので、絶対に電車です。
ホテルで飲みすぎても、二日酔いで運転することもなし、思いっきり楽しめます。

確かに旅先でお酒を楽しむ方は多いのではないでしょうか。
普段飲まない人でも、旅行の時ぐらいは、思う方もいらっしゃるようですね。
自分が運転しないなら飲む、ではなく、一緒に旅行に行く方への配慮もあって素敵な選択ですね。

普段乗る電車とはまったく違う

小学生のお子さんがいるシングルファザーの例です。

毎日満員電車に揺られて出勤しています。
子供も大きくなってきて、一緒に1泊くらいの旅行に行く機会が増えました。
息子と一緒にゆったりと電車に乗って過ごす時間は特に会話していない時間でも、安らげるひと時です。
同じ電車でも通勤の時とは全く違うものになります。
息子には自分の住む街だけでなく、いろんな街を知り、いろんな体験をさせたいと思っていることもあり、毎回電車での旅行を選びます。
電車からの景色を見て、何の畑だろう、と疑問を持って聞いてくるうちに、旅行先の名産物はしっかり把握していて、同じところに旅行に行くと、その土地のおいしいものを覚えています。
一緒に車窓を眺めながら、ずっとではない途切れ途切れの会話を楽しんでいます。

男2人旅の電車移動は、息子さんにも合っているようですね。
2人並んだ姿が目に浮かぶようです。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
▲ページTOPへ戻る